宮廷気分が味わえるオーストリアに実際に住んでみた7つの衝撃体験を紹介!一歩間違うと怖いあり得ない笑い話も!

体験・レビュー

こんにちは!

音楽の都ウィーンに代表されるオーストリアに住みはじめて日本との違いに新鮮な驚きをたくさん感じています。知ってるようで知らないことや外から見る日本の様子にも面白い発見がありました!
  • 古き良き日本の社会で子供を育てる習慣がそこに!
  • オーストリアの治安はEU内でトップクラス?
について超初心者が感じた思いをレビューします。

オーストリアに実際に住んでみた七つの衝撃体験とは?

家柄の良い子女デビュタント達の白ドレス社交界デビューはなんとなく知っていましたが、カラフルドレスで一般的に行われているのは知りませんでした。アメリカやイギリスのプロムのような感じなんですね。

1)卒業舞踏会で大人の仲間入り?
卒業の年を迎えた17、18歳の若者が黒のスーツに色とりどりのドレスをまとって会場で踊る成人式のような晴れ舞台!
↓写真はダンス教室主催の舞踏会デビュー(女性は白ドレス限定)。社交ダンスステップを練習して女の子ならお父さん、男の子ならお母さんとも踊るようですよ。
卒業後は男の子には兵役6ヶ月(または社会福祉9ヶ月)義務があります。(男女不平等?)

 

幼稚園の先生になるにはピアノの練習が必須だと聞いたことがありますが、こちらは?

2)幼稚園にピアノはない!あるのは、、、
サウンドオブミュージックを知っていますか?幼稚園の先生は「マリアとトラップ一家の子供たち」さながらギター1本持って森に出かけます。(地域によると思いますが、、)

 

ベビーカーでバスに乗ろうとすると「サッ」といくつものヘルプの手が差し出されます。お年寄りが乗ってくるとすぐ席を立つ人も多い印象です。

3)逆ギレなしの公共マナー注意!
①子供たちがバスの車内後方で猿のようにつり革につかまって騒いでいるのを大学生ぐらいのお兄さんが注意しました→子供達「はーい」(反省の様子)
②二人がけに荷物を置いて座ってるお兄さんに「ここ座りたいんだけど」と声を掛けるシニア→お兄さん黙って鞄を下に→「ありがとう」ニコッ!
③バスに乗ろうと出発寸前のバスの真ん前を横切る子供に怒鳴る運転手さん→一列に並んで神妙な面持ちで説教を聞く子供達。なにか地域がつながっている安心感を感じました。

 

ドイツ語クラスに通い始めてドイツのドイツ語とオーストリアのドイツ語のSの発音が違うことを知りました。

4)ドイツの独語ではSは濁るけど、、、
ドイツ独語ではサ行がザ行になるので一昔前の日本のホラー映画「リング」の主人公は『ザダコ』と呼ばれていて怖さ倍増でした。
オーストリアのドイツ語は濁らないS!しかし数字の6(sechs)がドイツではゼックス、オーストリアでは、、、あまり英語圏では話したくない言語になってしまいます。

 

スーパーでは生鮮品売り場やハム売り場に無駄のない量り売りがよくあります。レジバッグはずいぶん前から有料で最近は紙製も増えてきました。

5)買った尻から酸化が始まる新鮮な肉?
①日本にいる時、スーパで買った肉の色が良いので鮮度を保っているのかと思って切ったら中が茶色だったことがあります。こちらは当日か翌日には食べないと冷蔵庫の中でも周りが茶色く酸化してきますが、切ってみると中は新鮮な赤色!
②牛乳も日本にいる時はあまり賞味期限を気にせず飲んでいましたが、こちらは賞味期限自体も短く過ぎたらヨーグルト化?してきます。ちなみに7月4日に買ったフレッシュ牛乳の賞味期限は7月7日でした。
③朝市のお肉屋さんで買ったソーセージは茹で過ぎるとただの出し殻に!市販のソーセージの味が変わらない(化学調味料?)のはどこも同じかもしれません。

 

ヨーロッパの中でもゴミの細分別が進んでいるようでBIOという生ゴミ専用のゴミ箱もあり、クリスマスツリーとして買った大きなもみの木も回収してくれます。

6)瓶ビールが主流?スーパーには回収マシーンが!
リサイクル・リユースが根付いていて缶より瓶ビールのケース買いが多いです。始めに瓶代とケース代を払い、回収ボックスに空瓶の入ったケースごとベルトコンベアーに乗せるとバーコード付き返金券が出てくる仕組み。空瓶1本からやケースのみもOK!

 

こちらに来ていわゆる「不良品・欠陥品」というものによく出会います。たまに出てくるこういうハプニングを気にもしないのが良いですね!

7)規格外でも市場に出たっていいじゃん!
・リングプルがフタとつながって開かない酢の瓶
・真空パックされ損ねた米袋
・トッピング付き6個入りアイスの中のトッピングのない2本
・ページが下で引っ付いて複雑に折り曲がってる見た目きれいな本
・一部焦げて穴のあいたチョコ菓子

次はどんなものに遭遇できるか楽しんでます!
※ 写真は全て筆写撮影

異国でのあり得ない出来事!

慣れない土地でいつもと違うことに遭遇するとびっくりしますね。こちらに来て間もない頃の肝が冷えた二つの事件です。

初めての職質体験はオーストリアで?

ある朝、子供と傘をさしながら幼稚園へ向かっているとパトロール中と思われるパトカーが横付けしてきて中から警官が二人出てきました。

(ジロジロみながら) あなたの子供ですか?

庭師鳥
庭師鳥

はい。

ご主人は今どこにいますか?

庭師鳥
庭師鳥

ここにはいません。

女の子を連れた男を見ませんでしたか?

庭師鳥
庭師鳥

いいえ。

それだけ聞くとパトカーで走り去りました。子供を送り終わっての帰り道、また別の巡回パトカーが、私の横を通るときだけジロジロ見ながらゆーっくり走ります。
のちのニュースによると近くの小学校で車に乗った黒髪のアジア系の男による女の子連れ去り未遂事件が起こっていたようです。しばらくしてつかまった犯人の顔写真を見ると、、、100%ヨーロッパ系で黒髪でもありませんっ!当初は「狐目の男」とされていましたが目もぱっちりでした、、。
 その一件の他には何も起こらず平穏な日々です。

1ヶ月分の生活費を失う恐怖?

その日は近くのショッピングセンターに買い物に行っていました。
会計に並ぼうとした時「はッ!カバンがない!」えっ?どこに行った?
必死で思い出すと「あっ!さっきトイレでひっかけて、、」
青ざめながらトイレに行くも「ない!」
そうだよね、あれからだいぶ時間たってるしなぁ。
よりによってその日は普段したことのない1ヶ月分の生活費を全額引出したばかり!ショックすぎて声も出ない、、、。
ダメ元でとぼとぼインフォメーションセンターに聞きに行くと、、、
私:ハロー、実はさっきトイレに鞄を置き忘れたんたけど、、
お姉さん:あぁ、これね。(バサッ!)
私:嘘でしょ!!(心の中で叫びました)紛れもない私の鞄!
お姉さん:さっき女の人が持ってきてくれたわよ。(終始PCを見ながら事務的な返答、、、)
私:ど、どうもありがとう!、、(中身確認がいるのか受け取りサインがいるのが2秒ぐらい待ったけど何も起こらないのでそそくさ鞄を持って) 本当にどうもありがとう!じゃ、
お姉さん:チュース (=バイバイ)
こんなことが起こるのは日本だけだって思ってました。でも日本だったら住所、氏名、電話番号、、、
オーストリアがますます好きになった出来事でした。

まとめ

いいことも困ったことも楽しいことも悲しいことも、色々あってもやっぱり住めば都になるんでしょうか。一つ大事なことを忘れていました。乾燥しているのでGがいない!これは最高なことです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました