親世代のおひとりさま終活はいつから始める?事前の手配が間に合わなかった経験談をレビュー!

体験・レビュー
こんにちは!
親の親族に独り身の叔母がいました。子供の頃からよく遊びに連れて行ってもらっていましたが、家を出てからはなかなか会う機会もありませんでした。そんなある日突然の実家からの電話で叔母が亡くなったことを知りました。
  • 50代以降の親世代おひとりさまには今すぐ終活をすすめるべき!
  • 親族のおひとりさま終活体験談をレビュー!
 本人からでなければこちらからは言いにくいと考えていましたが、今となってはできることがあったと思います。終活は親世代に任せきりにせず一緒に取り組んでいく方がいいと実感したので、この記事ではいかに話し合いの機会を持つことが大切かということを重点的にご紹介します。

親世代のおひとりさま終活はいつから始める?

実際、おひとりさまの親世代の終活っていつから始めるのがいいんだろう?って思いますよね。ここ10年ぐらいの間に終活という言葉が定着してきたようですが、50代の親世代には馴染みのないものなのかもしれません。
一般的に終活は子供が独立または自身が定年を迎える60代ごろに考え始めることが多いと聞きますが、終活は時間がかかるので実際にはそれより若くても思い立った時にすぐ始める方がいいと考える人が増えてきているようです。

50代以降の親世代おひとりさま終活は待ったなし!

親の時にも経験したのですが、高齢になるにつれていつ入院する事態になるか分からないので本人不在時に準備がされていないことで非常に困ることがありました。
実家がまだ車を所有していた頃に叔母が自転車事故で入院しました。父が車で送り迎えし、母がパジャマやタオルなどを買って持って行きましたがアパートの鍵を預かって保険証や着替えなどを探したようです。
とりあえず一番に必要なのが健康保険証です!入院準備は病院のリストをもらってから揃える方が漏れがなくていいかもしれません。
庭師鳥
庭師鳥

その病院ではパジャマは前開きなど規定品の購入や、シャンプーはポンプ式(ワンプッシュ)など細かく入院要領が決まっていたみたいだよ。

<ちょうどいいのがなくてあわてて購入した物>
  • パジャマ(前開きで推奨のもの)
  • 下着(数日分)
  • 食事セット(バラバラにならないよう箸・スプーン・フォークのセット)湯呑みは持参
  • 洗面用具(携帯用の歯ブラシ・歯磨き粉・うがいコップ)
  • お風呂セット(シャンプー・リンス+持ち運べる小さなバケツ、バスタオル・タオル)
  • 持ち物全てに記名する為の油性ペン
庭師鳥
庭師鳥

50代の親世代って入院するときは「肌着やタオル類は新品を用意すべき」という思いが強いみたい。家にある物でいいのになって思うけど、、、。

<入院中にリクエストされた物>
  • 室内履き(スリッパ)←初日は貸してもらえた
  • ティッシュ
  • 筆記用具(覚書用)
  • お茶パックなど
  • 現金(コイン:電話や自販機、院内コンビニなど)

 

庭師鳥
庭師鳥

携帯世代じゃないからいつも使ってた「夜光る蛍光の目覚まし時計」と「眼鏡ケース」を叔母のアパートまで探しに行って持って行ってあげたみたい。

 

突然の入院で叔母も親も「いかに大変だったか」の話はするのですが、予期せぬ災難に備えて今後を考えてはいないようでした。こちらも話を聞くだけで他人事ではないと思うものの、またいつもの日常に戻っていきました。

 

庭師鳥
庭師鳥

こんな機会に少しでも今後を話し合うべきだったんだね。せめて電話や会って詳しく話を聞いてみたら良かったな、、。

親族に一人はいる親世代単身者の終活とは?

叔母は若い頃から和菓子屋さん、映画館、古本屋さんなどでずっと働いていました。よく旅行にも行っていたし装飾で帽子や鞄もアレンジするオシャレな人でした。
定年後も人手不足の応援で週末バイトに行き、祖父の命日には遠方への墓参りも欠かしませんでした。それでも年金暮らしが始まってから都心に近い下町のアパートから郊外の小さなマンションに引っ越したのは身辺整理を兼ねていたのかもしれません。
庭師鳥
庭師鳥

高齢でも部屋が借りられたのは直前まで働いていたからかな?親は保証人になってないからそれでOKなところを探したのかも?そういう事をもっと積極的に話しておきたかったな。

その時に出た不用品の寝具・布生地・洋服・食器・飾りの置物や小物類をごっそり貰って帰ったのが母でした、、、。
庭師鳥
庭師鳥

↑「だめ!絶対!」、、とは言い切れない、自分の中の同じディー・エヌ・エーを感じたよ。

事前の手続き・手配が間に合わなかった経験談をレビュー!

叔母は実家の近くに住んでいたこともあり親とは他の親族より近い関係でした。とても仲は良かったのですがたまに喧嘩もします。プンとなってしばらく会わずほとぼりが覚めた頃にまた会うような関係でした。 

おひとりさまだった叔母の終活とは?

そのとき母は叔母に暑中ハガキを送ったけど返事が来ない、電話も出ないと言っていました。その前にちょっとしたことでお互いに距離を置いていたこともあってあえて電話にも出ないのかと思っていたようです。すでに半年ほどが経っていました。
庭師鳥
庭師鳥

その時はまた少ししたらいつものようにどこかに出かけるんだ、ぐらいに思ってたよ、、。

実は叔母はその頃、末期の癌が見つかり入退院を繰り返していたようなのです。最初の入院の後、既に目星をつけていたのか慌てて探したのか養護老人施設に入居したようです。引越しが完全に終わらないうちにすぐまた入院になりました。施設には「誰も身寄りのない天涯孤独」と話していたそうで、兄弟姉妹に迷惑をかけないようにと思った様でした。
その後もう一度退院した時に永代供養のお墓の申し込みを自分で済ませて三度目の入院で緩和ケア病棟に入ったようでした。そしてマンションを解約する間もなく誰に連絡することなく夏が終わって秋が始まろうとする頃、実家に悲しい知らせが届いたのでした。
庭師鳥
庭師鳥

施設の人の話によると持っていたパスポートの最後のページの連絡先に親の住所が書かれていたから「親族がいるのか?」と思って連絡したそうなんだ、、。

残された親族との戸籍をめぐる手続きの煩雑さ!

それからは一番若い叔父が事後処理の全てを取り仕切ってくれました。兄弟姉妹も既に皆高齢なのでお葬式はせず直葬のあと永代供養してもらいました。

一番困難だったのが財産相続です。長年働いていた叔母には少なからず財産がありました。遺言書はないので親や子のいない叔母の法定相続人は兄弟姉妹です。

遺言書がなく遺産分割協議がされてない場合、死亡による預貯金凍結後は非相続人(叔母)の除籍謄本、法定相続人(今回の場合は兄弟姉妹)全員の戸籍謄本・印鑑証明書などと一緒に法定相続人全員分の署名及び実印で捺印した相続届を出さなければならなかったようです。

<戦争の時代の複雑な家庭事情>
祖父には3人の先妻の子と5人の後妻の子がいました。先妻の子の内の2人が母と叔母です。その上に歳の離れた長子がいましたが、先妻が連れていったようでその後のことは誰も知りませんでした。戸籍を辿っていくと既に長子は亡くなっていたため長子の子供が法定相続人となりました。会った事もないながらもその長子の子を探して手続きを進めました。

自分たちも高齢なので老人養護施設の荷物整理と退去、前マンション退去などはそれぞれのところに有料でお願いしたそうです。

親世代はなかなかネットを駆使して色々調べるのが難しいと思います。結局すべてお任せして高くつくこともままあるようですね。今回のことで「遺品整理」について調べたところ、【遺品の整理屋さん】がとても評判が良いことがわかりました。元は買取専門の会社だったようで遺品整理の中から買い取れるものを見つけて費用相殺してもらえるのが高評価でした。

 

庭師鳥
庭師鳥

遺言書がなく相続人もいない場合、遺産は国庫に帰属されるそうだよ。

 

叔母のケースは全て立て替えでしたが、2019年(平成31年) から相続法の改正が施行されて相続手続きにかかる諸費用を事前に引き出せるように緩和されたようです。

  (要点)
ア 家庭裁判所の判断を経ないで,預貯金の払戻しを認める方策
各共同相続人は,遺産に属する預貯金債権のうち,各口座ごとに以下の計算式で求められる額(ただし,同一の金融機関に対する権利行使は,法務省令で定める額(150万円)を限度とする。)までについては,他の共同相続人の同意がなくても単独で払戻しをすることができる。   (法務省HPより)

※詳しくは法務省公式HPでご確認ください。

 

母は叔母からの手紙がこない・電話に出ない理由がわかってとても後悔していました。私ももっと何か間に入ってできることがあったのではないかと堂々巡りです。

終活の話はしっかりと話し合っておかないと残された人が大変な思いをする原因にもなり得るんだなっと実感したので、折を見て必ず話し合っておくことをおすすめします。

 

早すぎることはないので、思い立ったらその時に調べたり考えたり行動することが大切なんだなと思いました。

 

まとめ

親世代のおひとりさま終活はいつから始める?事前の手配が間に合わなかった経験談をレビュー!について、こんなケースもあったと言うお話でした。

今思うのはお互いに気になっているもののなかなか自分からは言い出せなかったということです。ちょっとの勇気で声をかけてみると実はうまく話ができていたのかもしれません。もし気になるおひとりさま親世代の方がいたら、さりげないコンタクトを取り続けるのが一番いいのではと切に思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました